最近のトラックバック

« 卯の花 ホトトギス | トップページ | トカイナカのすすめ 第7回 なぜトカイを引き払って移住しなかったのか。 »

2007年6月 9日 (土)

雲の子

P

クモの子供たちです。蜘蛛の子を散らす。=(蜘蛛の子が入っている袋を破ると多くの子が四方に散ることから)群集などがちりぢりばらばらに逃げ散るさまなどにいう(広辞苑)。昔は蜘蛛の子を散らすさまを誰もが見ていた。だから比喩に使えた。今めったに見ない。

ワープロで「くものこをちらす」と打ち、変換すると「雲の子を散らす」と出てくる。そのままエンターを押す。

人のことではない。最近小生がやったミスです。

« 卯の花 ホトトギス | トップページ | トカイナカのすすめ 第7回 なぜトカイを引き払って移住しなかったのか。 »

半径80メートルの自然」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲の子:

« 卯の花 ホトトギス | トップページ | トカイナカのすすめ 第7回 なぜトカイを引き払って移住しなかったのか。 »

フォト
無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30