最近のトラックバック

« ミントのみどり | トップページ | トカイナカのすすめ 第4回 人によって異なるトカイナカの意味 »

2007年5月23日 (水)

トカイナカのすすめ 第3回 十分な生活スペースが欲しい

生まれは東京都の都心なのに、引越しのたびに豊島、練馬、世田谷、横浜、と都心から離れて行った。それなのに生活スペースは広がらない。
リタイア時期がラストチャンス。家が欲しい。十分な生活スペースがある家が欲しい。しかしいい家は環境に左右される。スペースと環境、両方を求めることは都会ではほとんど不可能に近い。

 

ならばいっそのこと郊外に。しかし通勤圏だと得られる土地は狭小である。
勤めがなくなれば通勤時間に左右されない。東京をもっともっと離れたらどうか。

 

そうだ。田舎を自由に探せるわけだ。
北海道、岩手、会津、長野、岐阜飛騨、紀伊、四国、沖縄など夢のある土地は沢山ある。ニュージーランド、スペインなど国外は別としても。

 

 

 

しかし、求めた土地は千葉県房総半島の内房。
(理由はのちほど)
房総半島でも内房も外房も海岸沿いは価格が高い。それで海岸線から5キロも上った里山。
ここまでくると土地も安い。ケタ違いに安い。都内より2ケタ、東京郊外より1ケタは違う。環境はまったく自然の中。菜園もできる。しかも交通は高速バスで都心へ2時間。自家用車なら1時間半で行き来できる。

 

土地が安い分、広いスペースの敷地が入手できるはず。

 

 

 

写真はアクアライン。千葉県側の橋梁部をしばらく走ると木更津の料金所。ここで直進して館山道に入る。昔は金田で降りていた。

 

P5120196_1

 

 

 

 

« ミントのみどり | トップページ | トカイナカのすすめ 第4回 人によって異なるトカイナカの意味 »

トカイナカのすすめ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トカイナカのすすめ 第3回 十分な生活スペースが欲しい:

« ミントのみどり | トップページ | トカイナカのすすめ 第4回 人によって異なるトカイナカの意味 »

フォト
無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30